自作保冷庫の新プラン【自作保冷庫4】

先日の記事で書きましたが、自作した保冷庫の冷却能力が低く、まったくもって満足しておりませんo(o・`з・´o)ノ

プロトタイプとして作成したものではありましたが、あまりにも理想とかけ離れすぎている結果で正直自分に腹が立ちました(*`ω´*)

とりあえず、工作好きの私としてはこのままでは終われません!!

夏場にアラガールホソアカを大きく育てるためにも、外気温-20℃を達成すべく、改造を行います。


前回の記事で「ちょくさん」「おいどんさん」「★かぶ☆さん」から色々と教えて頂き、自分なりにも色々と調べて性能の向上を画策しています。(みなさん!ご教授ありがとうございました!!)

まず、最初にペルチェユニットの強化から進めます!



【原因1】熱損失による冷却能力低下
プロトタイプではペルチェ素子を挟んで両側に排熱用シンクと吸熱用シンクを配置し、3㎜程度の断熱材を挟んだだけの構造であった為、外部の熱をひらっていた可能性がある。

⇒バッファ板を使用する事でシンク間の距離を開け、適切に断熱する事で熱損失を低減させます。



【原因2】ペルチェ素子の能力不足
プロトタイプでは165Lの保冷庫に対して、6Aのペルチェ素子を使用していましたが、能力不足の感が否めなかった。

⇒ペルチェ素子を8Aに変更する事で冷却能力を上げます。(排熱がちょっと心配)



【原因3】排熱不足
ペルチェ素子は電流を通すと、冷却を上回る量の発熱が生じる為、効率よく冷却する為には、排熱を強化する必要がある。プロトタイプに使用したものは表面積があまり大きくないアルミ性のシンクであり、排熱が不足していた。

⇒表面積の大きな銅製のヒートシンクもしくは水冷CPUクーラーを用いて、徹底的に排熱する!!


ペルチェユニットの強化はこの程度から始めます。
材料は着々と集まりつつあるのですが、作るヒマが…ヽ( ̄д ̄;)ノ


ペルチェユニットの強化が終わったら、
保冷庫の断熱及び容量の見直しを順次進めます!!

オトナの意地を見せてやるっ!!
↑誰に?!(笑)

↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

更なる改良ですね。
納得できる物が出来ると良いですね。
経過楽しみにしてますよ~(^O^)/

おいどんさん!!

こんばんは❗

いつも見守ってくれてありがとうございます。
とりあえず、夏場でも超低温を実現できるよう、ガンバります❗

保冷庫がかなり小さくなるかもしれませんが(笑)

まずは、試行錯誤を繰り返します。
嫁に怒られない程度に…(爆)

こんばんは^^

できれば部品関係は国産品で集めたいですよね!
我が家のキットもファンが危ないので交換しないと(^^ゞ
頑張ってハイスペック冷温庫を作ってくださいね♪

★かぶ☆さん!!

とりあえず、納得できるまでいじり倒しそうです。

ハイスペックを目指しすぎて、
冷やし●家を買った方が安いんじゃ…

ってならないように気を付けます。
プロフィール

うしくん

Author:うしくん
外国産のカブトムシ・クワガタの飼育をしています。大型・美形を目指して日々精進していきます!!

アクセスランキング
ブログ村に参加しています。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見・ご要望・トレード
プレゼントなどなど、
何かありましたら、
こちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
虫友さんの更新
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示