下手糞【カブクワ飼育(その他)】

皆様! (・Д・)ノ

お久しブリ大根(*・`ω´・)ゞ


もうすぐブリが美味しい季節になりますね~(´∀`*;)ゞ


ってことでCMから…


KAZ君が勢いで始めちゃった無謀な試み…


第一回!

熟女に目覚めて1周年プレ企画


95153687741.jpg


  協賛募集:11月1日~11月8日

  応募開始:11月11日~11月17日

  当選発表:11月19日~


FC2の3大プレを凌駕する位の超大規模なプレになれば、

本人がテンパって超面白いと思いますので、

皆様も協賛・応募を可能な限りお願いします(´∀`*)


※ それ以前に、早くルールを発表しなさ~いっ!!



で…

ここから本題、

最近虫の記事を書いていなかったので少しネタを…


我が家では材産みが3種います。

タランドゥス・レギウス・ボーリンです。


私にとって、この材産み種に共通して言える事…






採卵 ≒ 死 (´;ω;`)






私…材産み種の卵の管理が下手すぎます( ノД`)

マット種はほぼ100%近く孵化するのですが、材産みが全然ダメなんです。

ネットでいろいろ調べて真似しているのですがうまくいきません。


遡れば昨年のタランドゥス・レギウスはセットしまくって、

採卵しまくって約30個以上は腐らせました…

※何とか、幼虫で採った3頭と孵化直前で採卵した卵から2頭採りました。



実は今季もタランドゥスの最初のセットでも、

10幼虫+4卵を取ったにもかかわらず、4卵は全て★に…



ボーリンについても最初の方で採卵した14個は2卵を除いて全て★になり、

2卵はまだ孵化していません。(1個は孵化しそうですが…まだ不明)



結局は私の卵管理が下手糞だから… (♯`∧´)





もう… 採卵はしない!

材の中で勝手に孵りやがれ!!





ボーリンの最初の♀は既に他界しており、

追加の♀は順調に産卵している模様、

最初の♀の途中から埋戻し跡がある材については、

採卵せずに別管理して 産卵材だけを替えています。





って言うか…

(o゚□゚)o≪≪≪孵ってくれぇ!


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

明るい家族計画【飼育その他】

【第5回★かぶ☆さんプレ】

   ☆かぶ★さんの秋プレ、応募中ですよ~(*≧∪≦) 


    協賛募集:9月20日(水)~9月29日(金)

    応募開始:10月1日(日)~10月8日(日)

    当選発表:10月10日(火)

     20170930235817498.jpg


私の協賛品もよろしくお願いします♪



で…

本題…


先日、

土間収納で虫弄りに励んでいたところ、

嫁がおもむろに…






「最近、虫のスペースが広がりすぎじゃない?」
















「これ以上広がると、バルサン焚くよ…」

バルサン焚くよ












ギクッ!!

ギクッ




と、いうことで本日はブリードスペースの話です…


以前から書いていますように、

私は小さな土間収納の一角を飼育スペースにしており、

土間収納には造作棚とメタルラックがあります。

土間の状況



現在は造作棚の左下部分に移動式ラックを入れて成虫と常温幼虫を飼育。

メタルラックは下半分を使用して、右側は保冷庫×2+最下段は飼育用品、

左側は保冷庫の機器類・飼育用品・最下段は大型常温幼虫を入れています。


    【飼育スペースの占有状況(現在)】

現在の占有 今は




実のところ、

当初は移動式ラック部分だけで飼育するという約束から始まったのですが、

既に3倍強まで広がっている為、嫁から指摘が入った次第です。


     【当初許されていた飼育スペース】

以前の占有 最初は…



という事で…

飼育スペースを圧縮します。


土間収納のスペース圧縮作戦の3本柱!!


①飼育用品は屋外物入れに入れる。

 既に屋外物置は飼育用品でいっぱいなので、

 新たに屋外収納BOXを購入して嵩張る飼育用品を収納する

 ⇒収納BOXが邪魔って言われそう…


②収納の位置関係を見直し、適材適所へ集約する。

 ①で空いた箇所に幼虫を詰め込み、場所を圧縮する。


③減種・減量する。

 ⅰ)これ以上の増種はやめる!(予定)

 ⅱ)タラ・レギ等のカワラ種は次世代で撤退!(予定)

 ⅲ)スマトラアチェは場所が必要なので数を抑える!(予定)

 ⅳ)キクロは場所を取らないけど、量は抑える!(予定)

   ⇒アラガールは今期でスーパー大歯を出して撤退(予定)

   ⇒カウピ・メタリは飼育量を抑える…(予定)

 ⅴ)ボーリンはいっぱい採りたい(笑)


  ※実は減種・減量と言いながら、現在産卵セットが6つあります(笑)



頑張って減らさないと…



皆さん…

整理整頓は大事ですよ!!


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

我が家のカブクワ飼育事情…【雑感】

みなさん!

こにゃにゃちわ~!!


寒すぎてテンションがおかしくなっている,

『うしくん』な~のだぁ~♪



最強寒波により、

京都では14日(土)の午後から雪は降りはじめ、

15日(日)の朝は一面の銀世界となりました!ヽ(≧∀≦)ノ


【近所の公園】

1484521451054.jpg



1月15日(日)に地域の「どんど焼き」があり、

朝8時に正月飾りや書初め等を持って、

家族4人で「どんど焼き」へGO!!


帰りに公園で雪合戦をして帰りました。


【近所の公園(雪合戦バージョン)】

1484536759731.jpg


京都では年に1~2回しか積らないので子供は大はしゃぎ!!

大人は寒さに負けて30分ほどで家に撤収しましたが、

子供たちは庭で2時間ほど遊んでいました…


よーやるわ(-∀-)



ここからはカブクワネタ!


前に取れたレギ(WB×WW)のボトルと、

次の菌床産卵用のボトルを作るため、

昨年末に購入していたカワラブロックの詰替えを行いました。


さあ始めようと思い、

ボトルを探したところ綺麗なボトルが全く無い… Σ(゚д゚|||)

結局、土曜の午前中に寒空の下で洗い物する羽目になりました…(;д;)

※嫁による躾により、室内でクワガタ関係の洗い物はやらないワン∪・ω・∪



とりあえず、

凍え死なないように、

大きめのバケツに熱めのお湯を貯めて外に持ち出し、

お湯を使ってボトルを洗ってから、屋外水洗の冷水ですすぐ作業…


お湯はすぐに冷えるわ、

途中で雪が降ってくるわ、

手は悴んで動かなくなるわ、

嫁に「アホじゃろ」って言われるわ…(´;ω;`)


最も辛い洗い物でした。・゚・(つД`)・゚・



そして、

夜に使用するボトルを拭き、

カワラブロックを詰め詰め!


1ブロックだけでしたが、

1400cc×1、800cc×2、P200cc×3を詰めて終了…

20170116_072817.jpg


玄関の土間収納で作業を行っていたので、

家族から「キノコ臭い」との苦情が… (´・_・`)


とりあえず、「すまぬ」と可愛く謝って、話を流す(ノω`*)ノ



さ・ら・に…


そんな苦情にもめげず、日曜日は大雪だったので、

室内でマット(栄養フレークEX)の水分調節を強行!! (∩・∀・)∩ キャー


3日前に容器に移して、

ガス抜きを行っていたのですが、

気温が低いからか好気性細菌の活動が弱く、

独特のあのヤバい臭いはまだまだ残っていましたΣ(´Д`*)


その結果、

土間収納から室内に向かってあのヤバい臭いが流れ込み、


家族から非難轟々… (*`皿´*)ノ



とりあえず、誠意をもって謝罪を行った後、

容器に詰替えて蓋をすることで臭いの流出を抑え、

詰替えに使用した容器・園芸スコップ・ハンドプレスは臭いので、

雪が降り積もる中、冷水で洗浄しました。


マジで死にそう…(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル



マット(栄養フレークEX)は20℃の環境下でもう少しおいて、

臭いが落ち着いた時点で『秘密のニョロ』を移し替えます!

20170116_073014.jpg



それにしても、

室内でカブクワを飼育するには何かと気を使いますね~ (。-_-。)


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

今年の〆【雑感】

皆さんこんにちは!

年末は忙しいうえにムシネタが無く、

更新が途絶えている「うしくん」でございます(´Д`*)


今年もあとわずかになりましたね…|ω・`)


歳を取ると時間が進むのが物凄く早く感じます。


今年、お世話になった虫友さんや楽しませてくれたカブクワ達に、

心から御礼を申し上げます。



ありがとねヾ(o´∀`o)ノ



今年1年間の総括として、

飼育個体の状況を振り返ってみます。



①スマトラヒラタクワガタ(アチェ州)


2015年に★かぶ☆さんのプレにて、

ひろさんから頂いたニョロ(2ペア)を飼育し、

♂2頭(92.0㎜・85.7㎜)と♀1頭(51.7㎜)が羽化しました。

飼育技術の不足で長さは出ませんでしたが、

極太血統のおかげで太目の個体が生まれた事に満足しています。


今季は♂92.0㎜×♀51.7㎜の同腹で累代を開始しており、

12頭で大型を目指します!!



②アラガールホソアカクワガタ  


2016年2月に未後食ペアで購入して、1♀で70頭の爆産となった。

現在は35~40頭を飼育しており、12月の時点で3♀が羽化しました。

スーパー大歯を目指すべく自作した保冷庫で超低温管理しており、

最大で10gのニョロを確認。 (期待しています。)



③メタリフェルホソアカクワガタ(ぺレン産 パープル血統)


2016年7月の★かぶ☆さんプレにて、

アウトドアら~さんから頂いた1♂2♀を用いて飼育を開始。

8月に2♀ともにセットしたところ、合計82ニョロの爆産となった。


虫友さんや同僚におすそ分けを行って現在40頭ほどを飼育中。

♀が羽化しまくっており、もうすぐ♀の成虫が既に2桁に…♂はまだ幼虫です(汗)



④タランドゥスオオツヤクワガタ  


2016年7月の★かぶ☆さんプレにて、

ぶりちゃんさんから頂いた♂(WW)×♀(BB)を用いて飼育を開始。

何度も産卵セットを組むも、9月に1ニョロが取れたのみ。

最近は材にすら潜ってくれなくなりました。

引き続き頑張って頂く予定。(♂は他界)



⑤レギウスオオツヤクワガタ


2016年2月にミニペア(♂WW、♀WW)を購入。

おまけで♂WB・♀WBをつけて頂いた。

こちらも産卵セットを組むが惨敗続いている。

12月16日に♂WB×♀WBのペアによる菌床産卵にて、

初ニョロを確認しましたが、何頭生まれているかはまだ不明。

♂WW×♀WWと併せて、引き続き頑張って頂く。



⑥D.H,リッキー


2015年6月に初令幼虫を5頭購入。

殆どブログには載せていないが、夏に謎の大量死が発生し、

♂1頭・♀1頭で飼育を続けている。

♀は最近になって前蛹状態へ突入したが、♂は相変わらずニョロの状況。

飼育スペースを取るので、本代で撤退予定。



【その他】

⑦D.H.ヘラクレス   


2015年7月に3令幼虫を購入。

2016年5月に♂が羽化するも105㎜とちっさいず(笑)

後食開始後に飼育ケースの隙間で角が折れ、

しばらくしてからお亡くなりになった。

その他の幼虫は夏に発生した謎の大量死により全滅…撤退。



⑧国産オオクワガタ(久留米産)


2015年6月に6頭の幼虫を購入。

2♂4♀となったが、1♂は菌糸交換時に傷をつけてしまい☆に…

1♂は羽化したものの70㎜には届かず飼育熱が冷めてしまい、撤退。

気持ちが復活するかもしれないと思い、一番大きな♀を1頭残していたが、

再燃しなかったのでMJさんに譲って終了!



我が家のクワカブについては、このような感じとなっています!!

飼育スペースがこれ以上取れないので、

小型種(キクロ系)をメインで頑張りたいと考えています。

※アチェ12頭いますけど(笑)


2017年はアラガールをメイン種として、

ペレメタ・タラ・レギも頑張ります。


スマトラアチェは幼虫サイズで満足感を得るために続けます(笑)



それでは…

みなさま良いお年を!!


♪(o・ω・)ノ))


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

闘争形質の進化・武器形質多型の進化の研究結果について【雑感】

皆様、こんにちは。


何時もふざけてばかりの、うしくんです。

昨日の超おバカな記事に打って変わり、

今回はまじめな話で逝きます。


先日、面白い研究報告の記事を読みました。

東京大学の岡田泰和助教授らによる甲虫の武器と翅に関する研究です。

クワカブマイスターさんセーケンさんが記事にされていますが、

私なりの見解を書きます。



今回発表された研究報告の内容ですが、甲虫が持つ「武器」の大きさが、幼虫時代の栄養状態で決まる仕組みを解明したとのことです。

※要はクワガタに見られる原歯・中歯・大歯の変化を解明したとのこと。


カブクワなどで幼虫時代の栄養状態によって、成虫の武器の大きさが変わることは過去の飼育実績で判明しており、ブリーダーの皆様にとっては何をいまさら…と、思われるかもしれませんが、その仕組み自体を解明したこととなります。

※例としては「アクセルを踏むと自動車が動く」という事実に対して、「アクセルを踏むと何故自動車が動くか」が判明したという事です。


研究報告の内容を簡単に紐解くと、生き物は親から「DNA」を受け取ります、「DNA」は決まった塩基配列情報(ゲノム)であり、その個体の身体的特徴があらかじめ決めている先天的な設計図のようなものです。それは両親から受け取るので両親の特徴(色や身体的特徴)が子供に表れます。

それに対し、DNAの「ゲノム」に施されたそれ以外の情報を「エピゲノム」と呼び、「エピゲノム」は「DNA」などに色々な物質が結合したり離れたりして、遺伝子の働きを制御する働きがあります。環境に応じて遺伝子の働きを調節することから、後天的に変化するものが「エピゲノム」ということになります。

※これを料理に例えると、DNA(ゲノム)は基本的なレシピであり、「エピゲノム」は味の微調整やアレンジとなります。


カブクワの武器の発育については「エピゲノム」が関わっており、「エピゲノム」のスイッチを司る2種類の「ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)」が、武器の大きさを決定する遺伝子を制御していることが分かりました。

2種類のHDACのうち、一方の働きを弱めると武器が大型化して羽が小型化、もう一方を弱めると武器が小型化して羽が大型化したとのことです。


生物学的な解釈によると、栄養が良く大きく育つ個体は、他の雄に争いで勝てるよう武器を巨大化させる方向に働き、逆に栄養が悪くて大きくなれない個体は武器を小さくして羽を発達させることで機動力を高めて他の雄を争わずに効率よく餌や雌を得るのです。

自然界で遺伝子的な進化を行わずに環境に応じて特徴を変化させるという、非常に素晴らしく効率的な生体システムですね♪


このようなシステムはマダガスカル島のゴキブリ(ヒッシングコックローチ)でも認められるみたいで、虫にとっては当たり前のシステムなのかもしれません。

関連記事:戦士か恋人か、戦略「選ぶ」ゴキブリを発見


化学的なアプローチから考えると、この2種類の「ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)」を薬で制御すれば、クワガタの大歯やコーカサスのロングホーンを出すことは簡単な訳ですが、それはカブクワ飼育をする上で面白くないですし、これが主流になってほしくないですね。

※私は薬を使わず飼育方法を試行錯誤してアラガールのスーパー大歯を目指しますよ!


最後に今回の記事で思ったことなのですが、以前から「小さい体の大歯」や「大きな体の中歯」が生まれる事が気になっていました。

この現象を研究結果から推察すると、孵化から蛹化まである幼虫の育成期間のうち、特定のタイミング(恐らく特定の期間)で武器の大きさを決めていると思われ、そのタイミングでは栄養過多で大歯に決定したが、最終的に栄養不足で大きく育たずに「小さな体の大歯」になる。逆に武器の大きさを決めるタイミングで栄養が不足したものの、後に栄養が豊富となり「大きな体の中歯」が育つ事が考えられます。


アラガールでスーパー大歯を目指す上で、大きく育てる方法(餌・温度)も必要ですが、大歯を決定づけるタイミング(初令?2令?三令初期?三令中期?三令後期?)も見つけて飼育に生かしたいものです。

※スーパー大歯がDNA(ゲノム)による遺伝だったら話は別ですけどね(笑)



今回は甲虫における武器若しくは飛行能力の選択因子に関する研究ですので、大型個体の作出とはちょっと違います。やっぱり、大型を目指すには「エピゲノム」による大きな武器の選択だけではなく、優良なDNAの選択(大きな親の選択)もしくは遺伝的な進化の方が大事なのでしょうね。


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

プロフィール

うしくん

Author:うしくん
外国産のカブトムシ・クワガタの飼育をしています。大型・美形を目指して日々精進していきます!!

アクセスランキング
ブログ村に参加しています。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見・ご要望・トレード
プレゼントなどなど、
何かありましたら、
こちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
虫友さんの更新
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示