無念…【レギウスオオツヤクワガタ】

みなさん、おはこんばんちはヾ(o´∀`o)ノ


もうすぐ40歳になるくせに、

自分は伝説の勇者で、いつか迎えが来ると、

いまだに信じている「うしくん」でございます(/∀\*)


その為、呪文を唱える練習には余念がありません!(出ないケド(笑))


ここから虫ネタ…


いろいろと、バタバタしていて、虫作業が進んでいないのですが、

昨夜にちょっと時間が取れていろいろと弄っていました。


その際に、

レギウスの菌糸ボトル産卵セット(WWとWBの2セット)を確認したところ、

2セットともに入口に穿孔跡はあるものの中まで潜った形跡は無く、

入口付近の穿孔部分で♀がじっとしているのが見えました。


気になって、状況を確認したところ…

20151015214754.jpg


ということで、2♀ともに★になっていました(´;ω;`)


無題2


状態を確認したところ、菌糸の表面が乾燥でガビガビになっており、

菌糸瓶の下に敷いていたチップもカピカピになっていました。


管理していた箇所の環境は23℃で湿度は18%RH…


話には聞いたことあるのですが、

クワガタって乾燥に弱いんですかね(T_T)


思い返せば昨年の冬に、

スマトラ(アチェ)♀が後食前に2頭落ちた時も、

水苔が完全に乾燥していました。

※私の不注意によるものですね…


♀ちゃんごめんよ~。゚(゚´Д`゚)゚。



前のプチオフ会でタラレギの産卵方法についていろいろ教えていただき、

実践しようとした矢先の★なので無念です。


レギウスの♀がいなくなったことから、

次期はニョロ3頭(WB×WW1頭・WB×WB2頭)で頑張ります!!


※ちなみにタラ♀は菌床ボトル内で産卵床を形成して生きていました。


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

こんなもんかな~【レギウスオオツヤクワガタ】

皆さんお久しぶりで~す♪

どんだけぇ~♡


はいっ!

正月以降、いろいろ動き回っており、

なかなかブログの更新が出来ず、

皆様のブログを読み逃げばかりしてスミマセンでした…


というのは言い訳で、

正月ボケが抜けきれず、

テンションが上らなかった『うしくん』です|ω・`)


冬休みが終盤に差し掛かり、

小学生の子供たちが「冬休みの日記に書くことが無い」と言い出したため、

仕方なく、お出かけしました!!


場所は2015年の11月に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に出来た、

エキスポシティ内の…


「生きているミュージアム『NIFREL(ニフレル)』」

20170104_140801.jpg



ベタなボケですが、

『ニフラム』じゃないですよ!

間違えて唱えると「うしくんを ひかりのかなたへけしさった」ってなって、

私の存在価値すら否定されちゃうので要注意(^ω^ ≡ ^ω^)!!

※意味が分からない方は、「ドラゴンクエストの呪文」を参照!


この施設は海遊館という水族館がプロデュースしており、

「水族館」「動物園」「美術館」を混ぜ合わせて、

直感的に生き物の美しさや凄さを感じるように作られた施設という事です。


「魚」「動物」「芸術品」等が『綺麗』且つ『魅力的』に展示されていましたが、

私が最も気に入ったのは直径5mの球体と床に映像が投影された…

「ワンダーモーメンツ」

20170104_145101.jpg


という展示物です。


音楽に合わせて球体への投影画像がめまぐるしく変化していくので、

非常に綺麗で見とれてしまうような展示物ではあったのですが、

根がヲタクの私にとっては、その時々の投影がアニメのシーンと被って…(笑)


【元気玉(ドラゴンボール)】

20170104_144918.jpg



【ガンツ玉(GANTZ)】

20170104_145340.jpg



【第拾弐使徒レリエル(エヴァンゲリオン)】

20170104_145357.jpg


と、ニヤニヤしながら見ていました。



全体的に盛り上がりに欠けるような施設に私は感じましたが、

子供が満足していたので、良しとします。


今回行った『エキスポシティ』は「ららぽーと」をはじめ、

「NIFREL(ニフレル)」、「巨大観覧車」、「ポケモンジム」、

「ガンダム専門ショップ」等があるので、また遊びに来たいです。



ここから虫ネタ


昨年末に菌床産卵にぶち込んでいたレギウス(WB×WB)ですが、

幼虫を確認しながらも、割り出しを我慢していました…


ボトルの側面からは幼虫が2頭確認でき、

居てもたっても入れなかったので、

遂に割り出しちゃいました(笑)


その結果…


2頭!!(見えていた奴のみ)

20170106_204319.jpg


まーこんなもんですかね(汗)



更に、ニクウスバタケにぶち込んでいたミニレギウス(WB×WW)ですが、

いつの間にか材から出てきていました…(;д;)


諦め気分で材を割ったところ、表面近くの削りカスから卵が1つだけ取れました。

※B材だったので芯が硬くて、潜るのを諦めたみたいですね(汗)


この卵を管理していたところ、昨日に孵化しました!

※タラレギでは初めての採卵による羽化です!

20170109_205235.jpg



今回の割り出し結果により、レギウスは…


WB×WB 2頭

WB×WW 1頭


となりました。


もう少し搾ってみますヽ(o´・ω・`o)ノ!!!


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

初ゲット!&ダークマター【レギウスオオツヤクワガタ】

こんちゃ!!


しがないサラリーマン「うしくん」でございます。


昨日はMJさんとお会いし、無事にクワカブを渡すことが出来ました(*≧∪≦)

生活圏がまるかぶり(毎日会えるレベル)なので、

これからも色々と情報やら何やらの交流を深めたいです(ノ∇≦*)

渡したブツはMJさんのブログで見てください(・Д・)ノ


本当はもう少し渡そうかな…と思ったのですが、

キャパを考えての多種・少量としました。


必要ならまた押し付けます(∩・∀・)∩ キャー


では、最初に家庭の状況から…(ムシネタは下の方で書いたからね♪)


クリスマスが近づき、嫁がハッスルしてお菓子などを作りました!

お菓子つくりに力を入れすぎたみたいで晩御飯が…な感じです。


それでは、嫁の力作をご覧ください。


【アップルパイ】

砂糖で煮たリンゴをパイ生地で包み、焼き上げたもの。

今回の調理については、頂きもののリンゴが多く残っており、

りんごをおやつとして消費する為に作成。

オシャンにすべく、スライスしたリンゴを煮て柔らかくし、

パイ生地を利用して花の造形で仕上げた。

※名前は酷似しているが、2016年に流行したピコ太郎氏のPPAPとは関係がない。

1481857834805.jpg




【シュトーレン】

クリスマス時期に作られるドイツの伝統的な菓子パン。

パン生地に洋酒漬けにしたドライフルーツやナッツ類を混ぜて焼き、

表面が見えなくなるまで粉砂糖を振りかけて作る。

ドイツではクリスマスを待つ間、少しずつスライスして食べる習慣があり、

作ってから時間が経つにつれて徐々にドライフルーツの甘みがパンに移り、

時間と共に美味しくなるパンである。

今回の調理については、数年前に作ってもらったら、

ものすごくおいしかったので、頼んで実現したものである。

※北斗の拳に出てくる「南斗五車星 炎のシュレン」とは全く関係が無い。

1481857838615.jpg




【ダークマター(暗黒物質)】

ダークマターとは天文学的現象を説明するために考えだされた、

「質量は持つが光学的に直接観測できず、かつ色荷も持たない」とされる、

仮説上の物質であり、本件で作成されたものはその仮説を実証するものである。

漫画「銀魂」で志村妙が作成した「ダークマター」と類ずるものと考えられる。

今回の料理については、頂きものの「ひおぎ貝」を食べるべくグリルで加熱を行い、

醤油を加えて仕上げたものの、そのままPCに夢中になってしまい、

気が付くと醤油や貝の水分が殆どなくなり燻製に酷似した仕上がりとなったものである。若干焦げ臭くもあった。 ちなみに、意図的に作ったものではない。

無題





ここから虫ネタ


11月の上旬にレギウスWBの♀を1400㏄のカワラタケにぶち込んでおり、

ボトル側面に見えていた卵が腐ったのを確認していました。


今回もダメかな~と思い、♀を先にボトルから抜くべく、

坑道を穿ったところ、初令のニョロがポロッと出てきました!


レギウス初ゲットです!!


菌糸ビン産卵なので、まだ元気だった成虫♀だけを抜いて、

ニョロはそのまま菌糸ビンに戻しました。

何頭生まれているか楽しみですが、もう少し我慢してみます♪

あとで、ニョロの写真を撮り忘れた事に気づきました○| ̄|_


今までダメだったのは♀の熟成が足りなかったから?

謎です(`・ω・´)


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

流行…否! 実行…否!! 管理不足【レギウスオオツヤクワガタ】

グッドイブニング!エブリワン!!


相変わらず咳が続いている中、

長州力(プロレスラー)レベルまで声が回復したけど、

今度は家族(嫁と下の娘)が咳をし始めて、

非難を受けている『うしくん』です!


連日でブログを更新しない私ではありますが、

面白い?出来事があったので記録に残しておきます。


昨日、虫友さんのブログを見ていたところ、

KAZさんの記事にて♂ヒラタが脱獄(脱走)していた記事を見つけました。


我が家は生活スペースに近い位置で飼育しており、

脱走⇒嫁のキンチョール攻撃という流れが容易に想像できるため、

キンチョーしながら脱走には細心の注意を払っているとの内容で、

アホなコメントを残しました。


さらに、

12月2日に私が書いたタランドゥスの難産記事に対して、

コメント欄で「ちょくさん」が『管理脱走』なる手法について教えて頂きました。



【管理脱走とは】

今まで産まなかった♀が、

管理容器(ケース)から脱走した後、

急に産み出すようになるという現象があり、

管理の基でわざと脱走させることにより、

その現象を再現させる手法らしい…



タラレギの累代をぜひとも成功させたい私にとっては、

藁にもすがる思いでいろいろ試しているので、

是非とも実施したい方法ではありますが、

我が家では嫁の監視下に置かれている為、

管理脱走を行うにしてもかなり慎重に行う必要があります。



脱走に関する記事が続く中、

仕事をしながら色々と管理脱走の方法を模索し、

終業時間になったので帰宅準備を行っていたところ、

携帯に嫁から電話がかかってきました…


いきなりの電話は良くない出来事が発生したシグナルでもある為、

急いで通話ボタンを押して携帯を耳に当てたところ、


「急いで、LINEをみて…」


ガチャン…

ツーツーツー…


これは最もヤバいパターンです。


ドキドキしながらLINEを開けると、

1枚の↓画像と共に、

1480978457120.jpg



「なんかおちてる!」


のコメントが…



何か出て転がってるよ!

((((;゚Д゚)))))))



キンチョーしながら急いで家に帰ったところ、

キンチョールで抹殺されず、

プリンカップに格納していてくれました。


嫁さん…ありがと…


プリンカップに入れられた脱走犯を確認したところ、


タランドゥスの♀ではなく、

レギウスの♂…


なんでおまえやね~ん!

逃げてほしいのは、おまえやな~いっ!!


と、いう事でそれっぽい奴が逃げていたのでした。


レギウス♂はミニコンテナで管理しており、

ゼリーを与えた際にコンテナのロックが完全に出来ていなかったようです。


注意しなきゃ、次はバルサンを焚かれます。


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

孵らない…【レギウスオオツヤクワガタ】

最近うれしいことがありました!


昔から一緒に遊んでいる悪友が噺家(プロの落語家)になったのですが、

先日(10月24日)に開かれた『NHK新人落語大賞』で大賞を受賞されました。

(東西の新人落語家122人の頂点)


桂雀太!おめでとう!!o(^▽^)o

news_header_file_000eav.jpg


『NHK新人落語大賞』決勝の模様は、

NHK総合で10月29日(土)16:00~17:13に,

オンエアされます!良ければ見てあげてください!!

※私も長らく彼の寄席を見ていません、近々見に行こうかな~



ここから虫ネタ♪


オクでポチって800㏄カワラボトルに投入中だった、

ミニレギウスWW×WWですが、

ボトルの側面に見えていた緑玉は早々に黒くなって溶けていました(っω・`。)


1ヵ月経過したのですが、まったく幼虫が動いているような気配が無かったので、気になって割り出しを行ったのですが緑色の卵や幼虫の姿は全くなし、産卵床の中から出てくるのは黒くなって縮んだ黒い卵らしきものばかり…


ダメだこりゃ~ (乂=д=´)



また、レギウスWW×WB(1500㏄カワラボトル)についても、同様に割り出しを行いましたが、上記と全く同様の結果でニョロ0頭、卵0個、腐った卵3個…


こちらも乂・д・)アカン!!



使用した♂が短小(体がね(笑))だったので交尾が正常にできなかったかもしれません…

仕方がないので、正常サイズのレギウスWB♂(約70㎜)とそれぞれ1週間ずつ同居してもらい、もう一度産卵セットに投入して頑張ってもらいます。o(`ω´ )o



余談ですが、ぶりちゃんさん印のタランドゥス(幼虫1頭確保)から更に幼虫を捻り出すべく、カワラ材をあてがっているのですが、全く潜ってくれなくなりました・゚・(つД`)・゚・

※次はカワラブロックによる菌床産卵を試してみます!


それにしても、タラレギがうまくいきません(`・3・´)ン

色々と経験なので頑張ってみますo(`ω´ )o


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

プロフィール

うしくん

Author:うしくん
外国産のカブトムシ・クワガタの飼育をしています。大型・美形を目指して日々精進していきます!!

アクセスランキング
ブログ村に参加しています。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見・ご要望・トレード
プレゼントなどなど、
何かありましたら、
こちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
虫友さんの更新
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示