FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

冷やし虫家の修理…完了?!【自作保冷庫(外伝)】

皆様(・Д・)ノ

おひさしぶりではナイチンゲール(^∇^)ノ

新しい切り口でやってみました(笑)


まずはCMから…


思いのほかやる気満々なKAZ君がやっている…


第一回!

熟女に目覚めて1周年プレ企画


協賛中です。

下記バナーからお申込みください。


 fc2blog_20171031222314626s.jpg


  協賛募集:11月1日~11月8日

  応募開始:11月11日~11月17日

  当選発表:11月19日~


私の協賛品はコチラ!!


豪華なのでよろしこ♪


更に!

あのMINAMIさんが!!

KAZ君プレの連動企画を発動!!


第一回KAZ君プレの”裏プレ”

photo_2.jpg


このプレの参加条件は…

KAZ君プレの主催者と協賛者のみ


皆様もKAZくんプレに協賛して、

MINAMIさんプレにも参加しよう!!


MINAMIさん…凄いっす…

KAZくんプレを盛り上げるための、

最強のサポートプレじゃないですか!!

※プレのバナーまで反転させるとは…憎い奴め(笑)


こりゃKAZくん…MINAMIさんを崇め奉らないと…


で、ここからが本題!!


白三さんから依頼を受けていた、

「冷やし虫家」の修理が完了しました。


事前に聞いていましたが、

本当にメンテナンス性が皆無であり、

最初から作った方が早いかもしれません(つД`)ノ


機械いじりが元々好きなので、楽しめましたが、

もうお腹いっぱいかな~(笑)


以下は修理したコア部分の取り付けについて、

白三さんへのアドバイスや注意点です。


最初にペルチェユニットコア部分ですが、

「外部ヒートシンク」「自作のスタイロフォーム」「内部ヒートシンク」で

構成されています。

全体説明


わかりやすいように、シリコングリスは塗らずに仮組み状態で送りましたので、

「内部ヒートシンク」側にあるネジを5個取り外してください。最初の説明


ネジが外れたら「外部ヒートシンク」「スタイロフォーム」「内部ヒートシンク」が

分かれると思いますが、「内部ヒートシンクのセンサー」は「スタイロフォーム」の

スリット部分にはめ込んでいますので、外さない方があとは楽だと思います。


あと、白三さんがお持ちの「内部ファン」の配線も、

「内部ヒートシンクのセンサー」と同じように、

「スタイロフォーム」のスリット部分にはめ込んでください。

次の説明


「外部ヒートシンク」を「冷やし虫家」の外側に固定します。

3の説明


「冷やし虫家」の内部側から「外部ヒートシンク」のコアの形に合わせて、

「スタイロフォーム」をはめ込み、コアの表面にシリコングリスを均一に塗ります。

4の説明


「スタイロフォーム」の上に「内部ヒートシンク」を重ね、

最初に外した5個のネジで「外部ヒートシンク」のコアに固定します。

→ネジがステンレス製でマグネットドライバーにくっつかないので、

 両面テープか何かでドライバーの先にネジを付けて作業した方が

 楽かもしれません🎵


【注意点】

「スタイロフォーム」がコアの高さよりも若干厚いので、

力いっぱいネジを押し込み、「スタイロフォーム」が若干潰れる感じで、

5個のネジを全て完全に固定してください。

5の説明


ここまでできれば、あとはPCファンを固定し、

基盤の数字と配線の数字を合わせて基盤に接続すれば完了です。


とりあえず、本体がない状態で「スタイロフォーム」を自作しましたので、

ハマらなかったら微調整をお願いします(笑)


こちらのサイトを参照されれば、分かりやすいかもしれません♪

http://blog.livedoor.jp/sijoukun/archives/51437952.html



で…今回の故障の原因はペルチェ素子自体が機能を失っていました。

コアの内部が結露した形跡があり、ショートした可能性があります。

※今回はコーキング剤で隙間を埋めましたので、次回はかんたんに割れます(笑)


また、「庫内の温度センサー」と「内部ヒートシンクの温度センサー」の接続が逆であり、

庫内が冷え切る前に機械が停止したことで庫内の冷えが悪かったものと考えられます。


とりあえず、使ってみてわからなければご連絡ください!!



最後に…

白三さんの冷やし虫家はメンテナンスができるように改造したので、

故障しても再修理いたしますが、


新たに「冷やし虫家」の修理を依頼されても、

修理する気力は残っておりません…


そこんとこ!夜露死苦!!

スポンサーサイト

↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

大成功だと思ったのに…【自作保冷庫】

私事ですが9月16日~9月17日で広島へ突撃します!


突撃メンバーは・・・


野蛮な肉を食い漁り、シャバの飯は旨いと言っていたKAZくん

3食フルコースの美食家ハッシーさん

精進料理が主食の私 この3人です。


チ●コケースのたかパパさんはギリギリまでわからないらしいです。


他にも行きたいって方がいましたら、KAZくんまで連絡お願いします( ̄▽ ̄)ニヤリ

ただ、勝手に行けって言って、 KAZくんの前科が一つ増える可能性が高いので注意が必要です。


だってKAZくんの車か軽で荷物乗っているので3人しか乗れないし~

でも後一人くらいなら何とかなりそうです。


9/16の夜に広島軍団が絶品もつ鍋で迎え撃ってくれるみたいです。

とりあえず、死なない程度に頑張ります…

無事に京都に帰還できるんやろか?


で…本題!!


遂に改良版の保冷BOXが完成しました(*´∀`人 ♪


メタルラックの棚にすっぽり入れ混むことで、

我が家の土間収納(ブリードスペース)も使いやすくなり嫁も大喜び!!

domasyuuuu.png


保冷庫を実際に起動させたところ、 初号機・弐号機共に庫内の温度を、

室温よりも15℃以下まで下げる事が可能となりました。

現在、初号機(大)は20℃、弐号機(小)は16℃で設定しています。


ただ、機械を起動させて気づいたのですが、

ペルチェの排熱で室温がかなり上昇するのです。゚(゚´Д`゚)゚。

※当然と言えば当然なのですけど(笑)


我が家ではブリードスペースに使用している土間収納はエアコンが無く、

リビング⇒玄関⇒土間収納のドアを開放する事で夏場はしのいでおり、

夏場の土間の室温は26~27℃だったのですが…


設置した保冷BOXの隣の棚(排熱機に隣接した部分)の温度が33℃(汗

※このスペースで常温組を管理しようとしましたが厳しいですね~


333pppppppp.jpg

とりあえず、隣接した棚にPCファンを複数機取りつけて熱を逃がし、

飼育用品置き場にします。


今は保冷ボックス前にある移動式の台とメタルラックの最下段で管理しています(汗)


まだまだ改良が必要だ(´Д`*)


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

夏休みの工作【自作保冷庫】

私事ですが~


9月16日~9月17日で広島へ突撃することが決定しました!


突撃メンバーは今のところは・・・


関西メシテロ倶楽部会長で悪魔の巣の大魔王

コンビニの駐車場で暴れて警察拘束され、

現在も拘留中の為、ブログが更新できないKAZくん


魔界の片隅でひっそりと潜伏しながら、

『ヤミヤミの能力』を駆使して飼育用品だけでなく、

黒ドンキや〇パ○ン○〇等を

いとも容易く手中に収める四皇のハッシーさん


YDK(やればできる子)なのですが、

やる気スイッチが標準装備されておらず、

ブログではエロいといわれているが実はエロくない聖人の私


この3人です。


KAZくん情報では、

関西メシテロ倶楽部幹事長で難波のど真ん中でトンテンカンテンと

チ〇コケースとプレス機を作り私腹を肥やすたかパパさん

ギリギリまでわからないらしいです。


他にも行きたいって方がいましたら、

KAZくんまで連絡お願いします( ̄▽ ̄)ニヤリ


 たぶん勝手に行けごらぁって言われると思います

 だってKAZくんの車か軽で荷物乗っているので3人しか乗れないし~


 でも後一人くらいなら何とかなりそうです


  9/16の夜に広島軍団が絶品もつ鍋でで迎え撃ってくれるみたいです。

  確実に★にされるの決定やん…

  無事に京都に帰還できるんやろか?



で…本題!


ペルチェ保冷庫弐号機の作成に向けて、

コア部分の作成については8月1日に書きましたが…


その後、放置(笑)


8月16日に子供の夏休みの工作を見るよう嫁に仰せつかったので、

子供の工作を見ながら、横で大人の工作をしました(笑)


初号機は放熱側に簡易水冷式のCPUクーラーを付けるという、

無駄にハイスペックなものを作りましたが、

今回はペルチェソシの両側にアルミのバッファ板を貼り、

その両側にヒートシンクとファンを配置した一般的なタイプとしました。

配線を繋いだところ問題なく動作したので一先ずOK!


20170817080536447.jpg


あとは保冷BOXを組み立てて、

どの程度まで冷えるか確認しないとダメですね♪


実は今回の弐号機の作成目的の一つが、

土間収納の使い勝手を良くする事でした。


いままでは、保冷BOXを土間の中央付近に置いていたのですが、

保冷BOXが邪魔で奥にある棚の荷物が採り出し難い状態でした。


「弐号機の作成」及び「初号機の改造」を行なって、

保冷BOXをメタルラックの棚(2段)に収納しちゃう予定です。


まだまだ頑張らないと…


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

弐号機制作中【その他】

皆さんこんにちは~


まず最初に…

冷やし中華はじめました

Twitterをはじめました!!

基本的に虫飼育を中心につぶやきます♪

※下記のアカウントは週末には消しますので、よろしくお願いします。


【うしくんのtwitterアカウント】

  https://twitter.com/@ushikunn777



で…

ついにアレが…


MINAMIさんプレの当選品、

元木さんの「昆布づくし13品セット&オマケ」が到着しました!!


20170801075455368.jpg


嫁・子供・私のすべてが大興奮で小躍りをしていました(笑)


元木さん!

送料も含め、ありがとうございました!!

じっくりと味わいます!!!


で、本題…


皆様、飼育温度ってどうされてます?


私は土間収納で飼育していますが、

なんとか年間で18℃(冬)~30℃(夏)になっています。


ただ、低温種やサイズを求めると安定した温度で飼育したいという思いがあり、

ペルチェ式の保冷庫を作成したのですが、既に満杯の状況です。

※今は20℃設定でアラガール・ペレメタ(羽化ズレ防止組)、アチェ(VIP)を飼育。


更に…高温に弱い種が増えることとなり、

温度管理をどうするか悩んでいます。


贅沢をいうと、16℃と20℃の温度領域が欲しいのです…


そこで意を決し、



保冷庫(弐号機)の制作を始めました!!

20170801075500567.jpg

       <クリック注意>


材料は前回の残りを使用していますので追加費用は無し…

ただ、少ない飼育スペースをどのように活用するかだけが問題です。


それと…作るのがめんどくさい(笑)



↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

ペルチェユニットの組み立て【自作保冷庫7】

皆さんこんにちは(^∇^)ノ

更新頻度の遅い「うしくん」でございます。

久しぶりに自作保冷庫の作成について続きを記載します。

いつも、お待たせして申し訳ございません。

↑だから、誰も待っていないってw


今回はペルチェユニットの組み立てです。


過去の記事は、

『コアの作成』

『ユニットベース(枠)の作成』

を参考にしてください。


それでは説明を開始します。


最初に、ペルチェユニットの表面・裏面の定義として、ユニットベースのプリント合板側を表面(排熱面・熱くなる面)、アルミシート側を裏面(吸熱面・冷たくなる面)として説明します。


~完成図~

組み上げ



【水冷式の冷却装置を固定】

①水冷式の冷却装置にあるラジエータについて、ホースが連結されていない面の下側にあるファン固定用の穴(2か所)にM4のボルトを回し込んでネジ切り(ネジの溝つくり)を行う。

②ユニットベースの上部にある水冷ファン固定用のベニヤ板について、①でねじ切りを行ったファン固定用の穴と同じ間隔で上から約10㎜の位置に4.5㎜φの穴をあける。

③長さ15㎜のM4ボルトをユニットベースの裏面から②であけた穴に差し込み、①で切ったネジ穴に回し込むことでラジエータとユニットベースを固定する。

④冷却装置に付属している120㎜角のPCファンをラジエータに向かって風が流れるようにラジエータのホース連結面に固定する。

⑤冷却装置に付属している「水冷ヘッド・ポンプ」を固定するための止め金具をユニットベースの表面に固定する。(60㎜×60㎜の四角穴の中心部分が止め金具の中心になるように固定する)

※「水冷ヘッド・ポンプ」の本体は後で固定します。



【コアのはめ込み】

①コアをユニットベースの四角穴(60㎜×60㎜)に配線が切り込み部分から出るようにユニットベースの裏面からはめ込む。

※ペルチェ素子は電流の流れによって吸熱面と発熱面が決まりますので、表面に発熱面がくるようにはめ込んでください。今回作成しているペルチェユニットは表面からみて右側から配線を出す仕様であり、ペルチェ素子の黒線を上にしてはめ込むと、ユニットベースの表面が発熱面となります。

②ユニットベースに設けた切れ込みからペルチェ素子の配線(赤線・黒線)をユニットベースの表面に出す。


~はめ込み図~

コアのはめ込み




【吸熱側のヒートシンクの固定】

①ヒートシンクの4角に4.5㎜φの穴を空ける。

②ヒートシンクをユニットベースの裏面に当てて、①で空けた穴の位置に印をつけ、ユニットベースにも4.5㎜φの穴を空ける。(結露水を下に逃すため、ヒートシンクのひだが縦になるようにする。)

③PCファンの風がヒートシンク側に流れるように取り付ける。

④PCファンの配線をユニットベースに設けた切れ込みからユニットの表面に出す。

⑤厚さ30㎜のスタイロフォームを3㎜×10㎜のサイズにカットし、ユニットベースに設けた切れ込みに差し込んで切れ込みを塞ぐ(微調整が必要)

⑥コアの吸熱面にシリコングリスを薄く・均一に塗り、ヒートシンクを強く押し当てて馴染ませる。(アルミ板の表面保護紙はグリスを塗る前に剥がしておく。)

⑦長さ50㎜のM4ボルトを②で空けた穴に表面から4本差し込み、①で空けたヒートシンクの穴を通してボルトで仮固定する。(後で調節するため、軽く固定しておく)


※使用するヒートシンクによって穴を空けることができないものも多々ありますので、よく考えてからヒートシンクを選んでください。ものによっては固定用の止め金具を使用する方法もあります。



【最終固定】

①事前の確認として、「水冷ヘッド・ポンプ」を表面に固定した止め金具の爪に固定できるかを確認する。(コアと止め金具の隙間が小さくて固定できない場合は、ヒートシンクを固定しているボルトを緩めて、コアと止め金具の距離を離す。)

②一旦「水冷ヘッド・ポンプ」を止め金具から外し、コアの発熱面にシリコングリスを薄く・均一に塗る。(アルミ板の表面保護紙はグリスを塗る前に剥がしておく。)

③「水冷ヘッド・ポンプ」の冷却面を②でグリスを塗ったコアの発熱面に強く押し当てることでシリコングリスをなじませ、そのまま止め金具の爪に引っ掛けて固定する。

④ヒートシンクを固定しているボルトを均一に締めてユニットを完全に一体化させる。


20160409_161039.jpg 20160409_161049.jpg 20160409_161101.jpg




今日はここまで!

次回は配線を説明します!!


↓↓他のカブクワのブログも要チェック!!↓↓

↑↑これを押すと力がみなぎります↑↑

プロフィール

うしくん

Author:うしくん
外国産のカブトムシ・クワガタの飼育をしています。大型・美形を目指して日々精進していきます!!

アクセスランキング
ブログ村に参加しています。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見・ご要望・トレード
プレゼントなどなど、
何かありましたら、
こちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
虫友さんの更新
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。